コンタクトレンズの使用と注意点と原因

コンタクトレンズを使用する場合に守るべき注意点がいくつかあります。
コンタクトレンズを使用して問題が起きる原因の一つが良く洗浄できていないことや破れに気が付かないということです。
これはケアの仕方がきちんとできておらずレンズそのものに問題が起きているもので、深刻な眼病や角膜を傷つける要因となります。
日ごろから専用の洗浄液を使い清潔な状態にしておき、ときどきレンズ表面を点検し、容器や装着時の指先を洗って置くことで回避できます。
もう一つの問題は、コンタクトレンズ装着によるドライアイです。
コンタクトレンズは涙を介して目に密着させるものなので、涙を吸い取ってしまうという作用もあり、長時間目を酷使することで瞬き回数が減り、乾燥につながります。
ドライアイはかゆみや充血を引き起こしますので、頻繁にまばたきをするよう心がけたり、目薬を定期的にさすなどして予防することをお勧めします。
使用にあたっては必要な時間を決めて、なるべく長時間着用しないようにすることが目の健康につながります。


おすすめWEBサイト 5選

地域密着型パーソナルジムのADAPT
http://personalgym-osaka.com/
象牙の印鑑
https://www.inkan-kyoto.com/products/list?category_id=14

Last update:2017/3/8

Copyright (C) 2008 ContactTime All Rights Reserved.